前橋花火大会

    

前橋の夏の風物詩として、利根川大渡橋周辺を打上げ会場に毎年行われている前橋花火大会は、8月の第二土曜日に開催されています。終戦直後の昭和23年より復興祭の一部として第1回の花火大会が開催され、以降商工祭、前橋まつり、七夕まつりのイベントとして行われてきました。44年より民間の新聞社主催で行われましたが、48年のオイルショックを機に中断しました。昭和56年市民からの要望をうけ、前橋花火大会として復活しました。前橋花火大会の名物は、前橋が発祥とされている数ヶ所から一斉に打ち上げられ、しだれ柳のような「空中ナイアガラ」、大渡橋を使い長さ400mにもわたる「虹のナイアガラ」で迫力満点の花火です。




第60回前橋花火大会 ご協賛のお願い


真夏の夜を彩る前橋花火大会は、市民の郷愁を誘い、夜空に大きく夢を描く雄大な夏の風物詩として前橋はもとより県内外に広く浸透してまいりました。本年度は、第60回目を迎える花火大会の開催内容を見直し、例年以上に盛大で華やかな花火大会を開催することにより前橋の名を日本全国にとどろかせ、特に「第1回世界Web花火大会in前橋」を同時開催することにより、“観光都市まえばし”を印象づけることを最大の目的とし本花火大会を開催いたします。


協賛方法を大きく変更します

 「個々の花火を協賛」から「花火大会全体を協賛」へ、60回という節目の年に協賛スタイルを大きく変更します。本協賛方法にすることにより、音楽に合わせた花火や、色や光の変化を大きく織り交ぜた花火、アジア・日本初の第1回世界Web花火大会in前橋など、テーマ性や話題性を大きく持たせた「魅せる」花火大会を実施いたします。
 つきましては、例年以上により一層華やかな花火大会にいたしたいと存じますので、ご出費ご多端の折誠に恐縮ではありますが格別なるご理解を賜り、ご協賛のほど宜しくお願い申し上げます。

〇募集協賛金一覧

〇この協賛広告は会計上、広告費として処理できますので申し添えます。
 また、打上げプログラムは15万部製作し前橋市内の約14万世帯へ全戸配布いたしますので、広告宣伝としての効果が望めます。
※協賛特典は該当金額を雑収入として計上いただき、特典をご利用いただいた場合は、接待交際費または給与費等に計上してください。



協賛申込書

ご協賛いただける場合は、協賛価格表をご参考に申込書にご記入の上、前橋商工会議所 観光・文化振興課宛に 平成28年6月17日(金)までにご送付くださいますよう重ねてお願い申し上げます。 

協賛申込書はこちら【PDF】

 

お問合せ 

前橋花火大会実施委員会 事務局 前橋商工会議所 観光・文化振興課  Tel. 027-234-5108