まえばしめぶくトーク05.「世界最先端のイノベーションを語ろう。」(9.29)

2016年8月に官民共同で制定された前橋の新しいビジョン「めぶく。」この大地における新たなる芽吹きに注目し、継続的に応援するために「まえばしめぶくトーク」を開催しています(主催;(一財)田中仁財団)。

 

【今回の主旨は?】 

雑誌やネットで毎日のように目にする言葉、イノベーション。

この言葉は「技術革新」と直訳されることから、ビジネスやテクノロジーの分野に限った話と誤解されやすいですが、「既存のものを組み合わせて新たな価値を生む」という広い意味も含まれています。

これからの時代、生き残りをかけた各地方都市にはこれまで以上にイノベーションが求められます。

では前橋市に必要なイノベーションとは?

 

第5回目を迎えるまえばしめぶくトーク。今回はエバーノートジャパン元会長であり、総務省による「異能vation」のプログラムアドバイザー等を務めている外村仁(ほかむらひとし)さんをゲストにお迎えし、世界最先端のイノベーション事例を交えつつ、前橋市の未来について語り合います。是非お気軽にお越しください。


 

 

概要

■日 時

平成30年9月29日(土)午後7:00~8:30 (開場は午後6:30から)

  

 ■会 場

群馬会館 2Fホール(前橋市大手町2-1-1)

   

■テーマ

「世界最先端のイノベーションを語ろう。」

 

■出 演

第1部  基調講演

外村 仁 氏 (エバーノートジャパン元会長)

第2部 トークセッション
外村 仁 氏
田中 仁 氏((一財)田中仁財団 代表理事)
・ファシリテーター
大森 昭生 氏(共愛学園前橋国際大学 学長)

  

■お申込み

事前申込不要(入場無料)

 

■お問合せ

前橋まちなかエージェンシー

info[at]machinaka.agency  

 ※メール送信の際は、[at]をアットマークに置き換えてください


■主 催

(一財)田中仁財団

 

 ■後 援

前橋市・前橋商工会議所