ジョブ・カード制度

 ジョブ・カード制度は、平成19年2月に政府の「経済財政改革の基本方針」で示した成長力底上げ戦略の「人材能力戦略」の柱の一つです。
少子高齢化で労働力が減少していくなか、フリーターや子育てを終えた女性、母子家庭の母親、新卒者、非正規雇用者は貴重な労働力であるという認識のもと、職業能力を身につける機会に恵まれなかった、これらの人々に企業や訓練機関での職業訓練機会を提供し、職業能力に対する企業の評価などをカードに書き込み、就職に役立てる制度です。
本制度を全国的に普及促進させるために、日本商工会議所が厚生労働省の委託を受け、前橋商工会議所に「群馬県地域ジョブ・カードセンター」を設置し、県下4商工会議所(伊勢崎、太田、館林、藤岡)に「ジョブ・カードサポートセンター」を設置しました。
当所では、ジョブ・カード制度を活用して人材の確保・育成に取り組む企業の皆さまへの制度の導入、訓練計画の作成、助成金支給のお手伝いをいたします。

 

日本商工会議所中央ジョブ・カードセンター(外部リンク)


 

お問合せ先

前橋商工会議所 群馬県地域ジョブ・カードセンター
TEL:027-233-7123