【日本商工会議所主催】「~JAPANプライド~地域の自慢の逸品を専門家と『モノ・マガジン』が発掘します!」参加者募集


 日本商工会議所では、小規模事業者の工芸品・特産品等について各地のモノづくり産業にスポットを当て、現地に卸・小売業等のバイヤーやデザイナー・商品プロデューサー等の専門家を招聘し、地域の技術を活かした商品開発・改良や販路開拓に繋げるほか、地域の魅力をPRすることで、ブランド力強化と販路開拓支援等を実施いたします。この機会に貴社のブランド力アップや販路開拓の一助として是非ご活用ください。

 

1.事業概要

(1)バイヤー・専門家が地域を訪問するモニターツアー【2018年11月~12月】

 製品情報ひと筋36年の「モノ・マガジン」が長年培ってきたネットワークを活用し、バイヤー・商品企画担当・デザイナー・編集者などの専門家が各地域を訪ねるモニターツアーを実施。小規模事業者の商品改良やブランディング強化に向けたアドバイスを受けることができます。また、商品の特性に合った販路・流通チャネルについても助言し、商談の機会を創出します。

(2)東京都心(丸の内)で展示テスト販売&アンケート調査イベント実施【2019年2月14日(木)~16日(土)】

 東京駅から徒歩1分のイベント会場にて、上記(1)で助言を受けた小規模事業者の商品をはじめ、各地域の技術を活かした製品を展示販売するイベントを実施します。さらに会場にて、バイヤーや専門家の品評及び一般来場者の意見を聴取するアンケート調査を実施。平日は、丸の内のビジネスパーソンを中心とした感度の高い消費者、週末はファミリー層や外国人観光客への対面販売を実施する機会になるとともに、商品に対する品評・反応を知る好機になり、商品開発改良に役立ちます。アンケートについては後日、集計分析した結果をフィードバックします。

(3)雑誌「モノ・マガジン」に掲載し全国レベルでPR【2019年2月2日号に掲載】

 全国発売7万部、モノ専門誌として36年の歴史をもつ「モノ・マガジン」の誌面で、地域のモノづくり産業にスポットを当て、上記(1)(2)に参加する事業者の商品情報等を全国に発信。地域産業の認知度アップとイメージ向上、各事業者の商品PRに繋げます。さらに、掲載した記事を「抜き刷り」によりパンフレット化し、上記(2)のイベント会場で配布するほか、イベント終了後も継続的なPRツールとして、貴所でご活用いただけます。



2.参加のメリット

・モノづくり産業の現場を卸・小売業等のバイヤーや専門家に見て・触れて・感じてもらうことで、地域の匠の技術をアピールし、新たな商品開発・改良や販路開拓に繋げることができます。

・ターゲットを東京駅周辺に勤務するビジネスパーソンに特化したテストマーケティングを行うことができます。

・モノ専門誌である「モノ・マガジン」ならではの切り口、視点で、地域と商品の魅力を深く掘り下げた記事の掲載と抜き刷りパンフレットの提供が受けられます。



3.募集要項

 詳細は募集要項をご覧ください。

 ※申込締切日:7月25日(水)18:00必着


問合せ先:前橋商工会議所 地域産業振興部  商業観光振興課

TEL : 027-234-5109