【緊急要望】新型コロナウイルス感染症により影響を受ける地域中小企業・小規模事業者への支援について

 

  

 

【新型コロナウイル感染症対策について前橋市へ緊急要望】

 

前橋商工会議所(曽我孝之会頭)は3月10日、「新型コロナウイルス感染症により影響を受ける地域中小企業・小規模事業者への支援について」の緊急要望を山本龍前橋市長に提出いたしました。

  

要望内容

 

要望内容は以下のとおりです。詳細はこちらをご覧ください。

 

1.感染防止・早期収束に向けた対応

中小企業・小規模事業者は厳しい状況に置かれている中、必死に対応しているところではあるが、この状態が長引くと経営にさらに相当なダメージを受けかねないため、より一層、感染拡大防止・早期収束に向けた対応をされたい。

 

2.専門的・科学的根拠に基づいた情報発信の徹底

過度に新型コロナウイルス感染症への不安を煽らないよう、適時・的確な情報発信を行うとともに、風評被害払拭に向けた情報発信等の対応を強化されたい。

 

3.資金繰り支援

セーフティネット付き制度融資に関しての保証料補助や利子補給などをはじめとする事業所にとって負担が少なく利用しやすい早急な資金繰り支援策を実行されたい。

 

4.事業環境の整備支援

(1)  新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも売上向上等に取り組む中小企業・小規模事業者の設備投資、販路開拓、商品・サービス開発、IT活用、海外展開等を強力に支援されたい。

(2)  国・県等の要請を受けてのイベント・宴会中止等に伴い損失を被る中小企業・小規模事業者に対しての支援に努められたい。

(3)  官公需について、新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業・小規模事業者に対する官公需における配慮が都道府県等に要請されたが、柔軟な納期・工期の設定など要請通りの対応となるよう運用されたい。

(4)  新型コロナウイルス感染症により影響を受ける下請等中小企業への取引上のしわ寄せ防止等に向け、要請の通り実効性を確保されたい。

(5)  観光施設、中心商店街、そしてショッピングモールにおいては、新型コロナウイルス感染症の国内発生以来、宿泊・飲食のキャンセルが続出するなど、それぞれの事業者にとって大変厳しい状況にあることから、積極的な支援策の導入を図られたい。

(6)  支援施策を利用する際の申請書類の簡素化・手続きの迅速化を図られたい。


以上